お金から解放されたいならまず「貯める力」が大切

こんにちは!りおです。

今回からいよいよ僕が会社から、最終的にはお金から解放されるために始めたことを紹介していきます。まずは貯める力をつけ始めたことに関してお話します!

目次

なぜ貯める力からなのか

どんなに稼げるようになっても、貯める力がないと効果が小さいから

手っ取り早く稼げる方法を教えてよ!って方もいると思いますが、まずはその考え方を改めてください笑

僕たちがもらう給料を水、貯蓄がバケツ、消費がそのバケツに空いている穴だと考えてください。

頑張って沢山の水をバケツに入れても、沢山の穴が開いているバケツには全然水がたまらないですよね?

まずは自分のバケツにどれくらいの穴が空いていて、それがどれくらいの大きさなのかを知るべきなんです。

全ての穴を閉じろっていうつもりはありません。むしろストレスは貯めないほうがいいです。

ストレスになる節約は、返って消費を促してしまいます。

自分のバケツの穴を把握するには、自分が1か月あたりどれくらいの生活費を消費しているのか知る必要があります。

WEBでクレジットカードの明細を出すのは簡単にできますし、家計簿アプリを活用するのもいいと思います。

自分でも気づかなかった無駄に気づけるチャンスです。

貯める力を知ればすぐ行動に移せてリスクもほとんどない貴重な力だから

急に事業を起こせ!副業を始めろって言われても何となく怖くてできないですよね?

でも貯める力を勉強して、実行に移すのはリスクがほとんどないので簡単にできちゃうんです。

特に大きなことをしていないのに、毎月使えるお金が増えるなんてこんな幸せなことは無いですよね?

そんなこといっても、別に贅沢しているわけじゃないしこれ以上切り詰められないよ…

そんなことを言っている貴方、下記に具体例を示しますので確認してみてください。

きっとやっていないことや無駄な消費を抑えるヒントがあるはずです。

すぐ行動に移せる具体例を紹介

ふるさと納税をする

3月になったら今年もぼちぼち始めようと思っているので、そこで具体的な方法は書くとします。

このふるさと納税こそ、誰でも出来てかつ簡単な貯める力の増強法(節税方法)です。

ざっくり仕組みを説明すると、年収から引かれるはずだった税金の一部を寄付金に変更かつ+2000円負担することで全国各地の特産品を得ることが出来るって制度です。

その特産品が2000円以上になれば、その分僕たちは得するってことですね!

知ってるけど確定申告が必要なんでしょ?っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、

「ワンストップ特例制度」を利用すれば確定申告ナシでOKなんです!

※寄付する自治体を5件以内にすれば、税の申告は国がやってくれるよっていうめんどくさがりにはありがたい制度

何となく敬遠してた貴方、すぐにやってみましょう!

(一例)ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/about

保険を見直す

僕は今ここに着手しています。

企業あるあるだと思うのですが、昼休みになるとうちの会社では食堂の前に綺麗な保険のお姉さんが立っており、明るく挨拶してくれます。

疲れていると、その笑顔は天使のように感じます。

そしていつの間にか、よくわからずに保険に入っています…(泣)

親も含めて、沢山の保険に入っている人が多いですがその保険って本当にいるものですか?

一回見直しましょう。保険なのに、貯蓄が目的だったり、投資が目的だったり、訳が分からないものに入らされている可能性が大です。

これも大きな問題なので別の記事で詳しく解説します。

まずは、自分が何に入って月どれくらい払っているのか把握しましょう。そしてその保険が自分に何をもたらしてくれるのか把握しましょう。きっと理解できないと思います笑。保険はそういう商品なのです…

スマホ等の固定費を見直す

この時代、スマホを持っていない人を見つけるのが大変だと思います。

貴方は月いくら支払っていますか?

せいぜいラインやスマホゲームぐらいしかやっていないのに、1万円近く払っていませんか?

格安SIMを利用すればその通信費もぐっと安くなりますよ。

もし通信費を1万円から5000円に抑えることが出来たら、一年で6万円の節約効果ですよ!?

勉強の余地ありですよね?早速見直しましょう

貯める力は稼ぐ力と同等の力を持つ

貯める力で浮いたお金は、稼いだお金と同等以上の価値があります。

まずは身近な無駄を省き、お金から解放される準備をしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる