初心者向け 円安・円高のメカニズム

こんにちは!りおです。

今日は円安・円高ってどうしてなるの?ということを調べてみたので共有します!

そもそも為替が分かんないという方は下記記事もどうぞ

あわせて読みたい
超円高到来? 知っておきたい為替の話①
超円高到来? 知っておきたい為替の話①こんにちは!りおです。経済が不安定な状況が続いていますね。貴方の周りでも「円高」という話をよく聞くようになりませんでしたか?ということで今日は円高を語る為に...

この記事を読んで欲しい人

  • 円安・円高のメカニズムが分からない人
  • 外国株投資に興味がある人
目次

結論:景気と為替はつながっている。為替の変化で損をしないよう知識を身に着けよう。

為替ってどうやって変わるの?

為替相場の動き方

為替相場は需要(買いたい量)と供給量(売りたい量)で決まります。

簡単に言ってしまえば、米ドルを売って円が欲しいという人が多い場合は円高

円を売って米ドルが欲しいという人が多い場合は円安になります。

各国の輸出・輸入状況で変わる

長期的な為替の変動要因として挙げられるのが「貿易収支」です。

例えば

日本からアメリカへの輸出が増加すると

代金として受け取った米ドルを円にしないと国内の従業員に賃金が払えませんよね?

なので、大量に日本からアメリカへ輸出すると

米ドルを売って円にするという行動が増えて

円の需要が高まり「円高」になるということです。

逆の場合(アメリカからの輸入が多い)は「円安」ですね。

投資家の行動で変わる

日本の投資家がアメリカの株式や債券を買いたい!と思った場合は

円から米ドルに交換することが増えるので

米ドルの需要が高まり「円安」になります。

最近急激な円高になったのは、この投資家の行動によるものです。

日本は超低金利なので普段は投資家から人気がないのですが

不景気の場合は別です。

いつもは高金利な通貨で運用している投資家たちは

リスクを避け、低金利な日本円を買い込むのです。

結果として、円の需要が高まり「円高」になるというわけですね。

物価の変動

物の価値があがることを「インフレーション」というのですが

これは相対的にお金の価値が下がる(同じものに高いお金を払う)ので

その通貨は世界的に見ても安くなる傾向にあります。

まとめ:景気と為替は連動している。

為替は常に変動するものです。

そして非常に先が読みにくいものだとされています。

せっかく外国株投資で利益を得ても、為替で大きく損をするということがあるかもしれません。

しっかり為替を理解し、円高・円安のときのメリットを生かして暮らせるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる